設立代行サービス

Pocket

合同会社の設立は比較的簡単ですが、はじめて会社設立をする人には分かりづらい点もあります。また手続きの中身は簡単に思えても、作成したり揃えたりする書類の数は決して少なくはありません。起業する経営者には会社設立のための事務的な作業よりも、資金調達や取引先へのお知らせなど優先してやらなければならないことは山積みです。そこで書類作成上の不備をなくし、会社設立までの時間を短縮し、労力を省くために知っておきたいのが会社設立代行サービスです。

設立代行サービスでは会社の基本事項の決定、出資金の払い込みや法人口座の開設など、どうしても依頼者本人以外ができないことを除いてほとんどすべての書類作成・事務手続きなどを行ってくれます。公的機関に提出する書類に不備があり何度もやり直すということもありません。依頼者側で作成しなければならない書類も、作成マニュアルなどで説明してくれるケースが多いので、作業を短時間で片付けることができます。

また代行サービス業者の多くは会社設立に関する相談を受け付けてくれますので、会社の基本事項を決める際など困ったことがあれば声をかけてみると良いでしょう。資本金の額をいくらにするか、などという個別具体的な質問には答えられなくとも、会社設立一般について参考になる情報が見つかるかもしれません。