会計事務所による代行

Pocket

会社設立代行サービスは一般企業やインターネット代行企業が行う他、司法書士や税理士が行う場合があります。それぞれに長短はありますが、税理士が所属する会計事務所に設立代行を依頼すると会社設立の段階から税務について相談しアドバイスが得られる、融資や経営についても助言が得られるというメリットがあります。特に資本金の決定、決算月の決定、役員の給与の決定などを税務の観点から相談でき、事業開始後の税負担が大きく変わる場合もあります。会社設立手続きの中には税理士が直接担当できないものもありますが、その場合も提携先の司法書士などに業務を委託してくれるので、依頼者の側の負担になることはありません。

一方で税理士事務所に設立代行を依頼すると、会社設立後の税務顧問契約がセットになっている場合もあります。設立後は自分で会計処理を行おうと考えている方には設立当初から顧問料など費用がかさんでしまうというデメリットがあります。また万が一、依頼した税理士と相性が合わなかった場合でも顧問契約がセットになっている場合は、会社設立後も会計を任せ続けなければならないというリスクもあります。

税理士などの会計事務所に会社設立代行を任せるのメリットは見逃しがたいものがあります。設立代行を会計事務所に任せるならば、業務開始後のことも念頭に置き、長く信頼して付き合えるビジネスパートナーとなれるよう注意して選任することが大切です。

≪参考HP≫http://www.adiretax.jp/
会社設立について無料相談を行っている『アディーレ会計事務所』です。